毛孔性苔癬治し隊 気になる肌のブツブツをきれいにするには

毛孔性苔癬の症状

 

毛孔性苔癬という字の並びを見ると、
何だかややこしそうだし、
自分には関係のない症状ではないのかと思いがちです。

 

ニキビに悩む女性

 

ですが毛孔性苔癬は、
男女問わず多くの人が出来てしまうという
小さなぶつぶつの事であり、
実は他人事ではなかったりします。

 

そんな毛孔性苔癬ですが、
二の腕や肩、背中に太ももといった部位に症状が出やすく、
触るとざらついた感じの
小さなぶつぶつが沢山出来てしまったりします。

 

原因は毛穴に角質が詰まってしまう事であり、
隆起して小さなぶつぶつとして
目に付くようになってしまうのです。

基本的には自覚症状はありませんが、
中には軽い痒みが発生する場合もあります。

 

 

子どものころから毛孔性苔癬を発症することも

 

そして早い人は、
子供の頃からこの毛孔性苔癬を発症してしまいます。
思春期の頃に最も症状が出易くなりますが、

特に治療を行わなくても20代から減少を始めて、
30代では自然と消えているという人が多いです。

 

ですが中には毛孔性苔癬が消えずに、
そのまま残ってしまう人もいます。

ただし毛孔性苔癬は良性疾患のため、
放置しても健康上に大きな問題を引き起こしたり、
他人に感染するといった
厄介な事態になる事はまずないです。

 

ですが前記したように、
思春期頃に症状が目立つケースが多いため、
特に女性はぶつぶつが人目に付く事に
抵抗を感じる人もいたりします。

 

しかも症状に個人差があるので、
毛孔性苔癬がかなり目立つという人は、
コンプレックスの一つの要因となる事があります。

 

なので、放置しても健康上特に問題はないのですが、
どうしても気になってしまう人は、
病院の皮膚科に行き、治療するとよいでしょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation